手湿疹の症状

手湿疹の症状の改善方法

手湿疹の症状が出たら、ひどくなる前に改善することが大切です。
特に冬場は手湿疹が悪化しやすいですね。
アレルギー体質の人は、春先にかけてもアレルギーが原因となって症状が悪化することもあります。

 

手湿疹にならないようにするためには、
或いは手湿疹の症状を改善するためには、
肌のバリア機能を回復させることが大切です。

 

肌への刺激、手湿疹の場合は水仕事の水や洗剤、雑巾などの摩擦などが原因となって
肌のバリア機能が低下し、皮脂の分泌が少なくなって肌がカサカサします。
そのような状態のところに、洗剤に含まれる化学物質の刺激などが加わることで
手湿疹ができます。
ですから、手湿疹を防ぐためには、第一に肌のバリア機能を改善させることが大切なのです。

 

肌のバリア機能を改善させ、手湿疹の症状を改善するためには、
清潔を保ち、保湿することです。

 

入浴や、水仕事の後は「すぐに」ハンドクリームを塗るなどのケアを行うようにします。
そして、寝る前にもう一度保湿をしっかりすることです。
タップリハンドクリームをつけて、綿の手袋をして寝ると効果的です。

 

このときに使うハンドクリームにも注意が必要です。
ひとくちにハンドクリームといっても色々なハンドクリームがあります。
ハンドクリームの成分に、合成界面活性剤が含まれているものもあるので注意してください。
肌に刺激のない、質の良いハンドクリームを使うことが大切です。

 

手湿疹はひどくなってしまうととても辛いですね。
ひどくなる前に、早め早めの対策で予防していきましょう。