手湿疹の症状

手湿疹の症状と原因

手湿疹に悩む主婦は多いですね。
主婦にできる手の湿疹を「主婦湿疹」と呼びます。
主婦は、手湿疹の症状を引き起こす「刺激」にさらされることが多くあります。

 

手湿疹の症状を引き起こす刺激とは、
お茶碗を洗ったり拭き掃除をしたりする水や雑巾、スポンジなどとの摩擦、
洗剤に含まれる合成界面活性剤などの成分などです。
また、主婦は女性です。
化粧品や毛染め、シャンプーなども刺激になります。
このような様々なものが「刺激」になって、
手指の皮脂のバリア機能が崩れてしまいます。
バリア機能か崩れているところに洗剤などの合成化学物質が侵入すれば、
よっぽど手の皮膚が丈夫な人でない限り、
手湿疹になる可能性は高いものとなります。

 

手湿疹の症状が出る場合は、今使っている洗剤やシャンプーなどに触れないことが一番です。
刺激性の低いものを使ったり、ゴム手袋などでガードするようにしましょう。

 

手湿疹は、冬場に症状が強く出ます。
冬は気温が低くなり、発汗や皮脂の分泌が少なくなって皮膚全体が乾燥すること、
そこへ水仕事などをして皮膚の脂分が落ちてしまうことで
皮膚のバリア機能が悪くなってしまいます。
ですから、夏場よりも冬場のほうが手湿疹の症状が強く出てしまうのですね。

 

冬場は、夏場よりも特に皮膚が乾燥しないように、保湿に注意したほうが良いですね。
また、冬から春への季節の変わり目は、
アレルギー症状もひどくなりやすいときです。
アレルギーも手湿疹に関連しますから、アレルギー対策も万全にしたいですね。