手湿疹の症状

手湿疹の症状 主婦湿疹

ひとくちに「手湿疹」といっても色々な原因があり、
色々な症状が出るタイプがありますが、
その中でも特に「主婦湿疹」とは、その名のとおり、主婦の手にできる湿疹をいいます。

 

主婦の手湿疹の症状は、手や指にかぶれたような湿疹ができます。
特に利き手の指と指との間がカサカサしたりひび割れたり、
亀裂を起こしたり水泡ができたりします。
水泡ができ、破れ、乾いてかさぶたができ、ひび割れ・・・を繰り返していると、
指紋が消失してしまうほどの症状がでます。
そして、発症した部位に留まらず、両手に広がっていきます。

 

主婦湿疹は、今まで殆ど水仕事をしたことがない人が結婚し、主婦になって、
主婦として水仕事をすることが多くなったり、
赤ちゃんが生まれ、その育児で急に水仕事の量が増えたりしたときなどに多く発症します。
特に産後は、体力や免疫力がおちていることもあって、
発症してしまう人も多いようです。

 

生活環境から見ても、主婦は、水だけでなく、様々な台所用品や石鹸、洗顔剤、化粧品、毛染めなど、
様々な刺激に接することが多いですし、
刺激となる物質には、肌に強い刺激を与える合成界面活性剤などが多く含まれています。

 

手湿疹は繰り返す傾向があります。
原因となった物質に触れないようにすることで治りますが、
毎日の生活において、それら全てを排除した生活は難しいといえるでしょう。

 

ですが、毎日の生活環境を見直し、
主婦湿疹の原因となるものをなるべく排除し、
手の保湿を維持することで症状を抑えることが出来たり、
手湿疹の発症を予防することができます。

 

辛い主婦湿疹で悩まないようにするためには、
手湿疹にならないようにするための努力も、必要ですね。