手湿疹の症状

辛い手湿疹の症状

手湿疹になると、痒みや痛みが強くて、毎日の水仕事が辛いですし、
夜も痒くて眠れないなど、生活に支障をきたします。

 

手湿疹の炎症の原因は、接触性皮膚炎が殆どです。
アレルギー性の場合もありますが、皮膚本来が持っているバリア機能が低下し、
皮膚が乾燥し、手洗いのときの刺激、台所仕事の刺激などが原因になって、
手や手指の乾燥や炎症、ひどくなるとひび割れや湿疹が出てきます。

 

接触による刺激を受けやすくなるのは、皮膚が乾燥してしまうからだといわれてます。
ハンドクリームなどで十分に保湿を保つことが大切です。

 

手湿疹でも色々な症状があって、
ひび割れやカサカサなどの症状に対しては、
クリームを塗ったり絆創膏を貼ったりすることで一時的に保護するなど対処しやすいのですが、
厄介なのが手湿疹の最も特徴的である「水泡」です。

 

水泡ができてしまうと、つぶれてしまい、つぶれた皮膚が乾燥して剥がれます。
そして、また水泡ができ、繰り返していくうちに、ひどい炎症を起こしている肌になってしまいます。

 

女性は特に化粧品や台所用品などで手を酷使してしまいがちです。
手湿疹ができているときには、綿の手袋をして、その上からゴム手袋をして台所の水仕事をするように・・・
など、皮膚科医にアドバイスを受ける事もありますし、
実際にその方法で家事をこなしている人も多くいます。
ですが体質によってはその綿の手袋やゴム手袋が刺激となり、
手湿疹を発症させてしまう人もいます。
自分の手湿疹にあった対処方法をすることが大切ですね。

 

また、手湿疹の症状はひどくなってしまうと大変です。
たかが手荒れと思わず、早め早めに対処していくことが必要です。